【2/27、3/13】サポーターズサロン・エクストラ「行けばわかるさ、芸術祭。」開催!!(運営サポートも募集)


190124-supporters-saloon-ex_WEB_ol.jpg

3年に1度、横浜で開催される現代アートの国際展「横浜トリエンナーレ」は、2020年の第7回展で20年の節目を迎えます。
ハマトリーツ!(横浜トリエンナーレサポーター)のトークイベント「サポーターズサロン」では、今回、特別版として、次の横浜トリエンナーレと同年に開催される「さいたま国際芸術祭2020」と「札幌国際芸術祭2020」に焦点を当てます。各芸術祭のディレクターから、それぞれの芸術祭の構想や市民との関わりについてお話を伺い、その魅力に迫ります。


≫「vol.1さいたま国際芸術祭2020を語る」はこちら
≫「vol.2札幌国際芸術祭2020を語る」はこちら


★トークはどちらか1回のみの参加も可能です。またサポーター登録のない方にもご参加いただけます。


vol.1 さいたま国際芸術祭2020を語る

2016年の「さいたまトリエンナーレ」に続き、2020年春に開催される「さいたま国際芸術祭2020」。今回のディレクターを務める、映画監督の遠山昇司氏と市民プロジェクトコーディネーターの浅見俊哉氏をお迎えし、さいたま国際芸術祭2020がアートプロジェクトや市民プロジェクトの展開を通して、アートと都市、そして市民とどのように関わっていくのか、お話を伺います。


■日 時:2019年2月27日(水)19:00〜21:00(受付|18:30〜)
■会 場:YCC ヨコハマ創造都市センター3階イベントスペース
■登壇者:
     遠山 昇司(さいたま国際芸術祭2020ディレクター、映画監督)
     浅見 俊哉(さいたま国際芸術祭2020市民プロジェクトコーディネーター、写真作家、ワークショップデザイナー、KAPL代表)
■参加費:無料
■定 員:100名

■申 込:下記の参加申込フォームよりお申込みください。
※お申込み頂いた情報は本イベントに関する事前連絡や確認、緊急時の連絡が発生した場合にのみ利用致します。


■登壇者プロフィール
photo_toyama.jpg遠山 昇司 Toyama Shoji
1984年熊本県生まれ。映画監督、プロデューサー。
早稲田大学大学院国際情報通信研究科修士課程修了。
2012年、初の劇映画『NOT LONG, AT NIGHT −夜はながくない−』がアジア最大級の国際映画祭、第25回東京国際映画祭〈日本映画・ある視点部門〉に正式出品され、高い評価を得る。最新作『冬の蝶』は第33回テヘラン国際短編映画祭アジア・コンペティション部門にてグランプリを受賞するなど海外でも高い評価を得ている。アートプロジェクト『赤崎水曜日郵便局』では、局長・ディレクターを務め、熊本県津奈木町にある海に浮かぶ旧赤崎小学校を再利用した本プロジェクトは全国で話題となる。同プロジェクトは2014年度グッドデザイン賞を受賞。


photo_asami.jpg浅見 俊哉 Asami Shunya
2004年頃より「時間」と「記憶」をテーマに作品制作を行う。代表作品に広島の被爆樹木を2012年より毎年撮り続ける『呼吸する影-被爆樹木のフォトグラム-』がある。「つくること」と「つたえること」の両輪を持って活動することが自身の芸術であると考え、アートをつくる人とみる人の双方向の「場」や「時間」も精力的につくりだしている。さいたまトリエンナーレ2016ではSMF学校のコーディネーターを務めた。



vol.2 札幌国際芸術祭2020を語る


3年に1度、札幌を舞台に開催される「札幌国際芸術祭」。次回で3回目となる「札幌国際芸術祭2020」の統括ディレクターおよび企画ディレクターに就任した、天野太郎氏をお迎えします。これまでとは異なり、初めて冬季の開催に踏み切った芸術祭の新たな構想やこれからの展開についてお話を伺います。


■日 時:2019年3月13日(水)19:00〜21:00(受付|18:30〜)
■会 場:YCC ヨコハマ創造都市センター3階イベントスペース
■登壇者:天野 太郎(札幌国際芸術祭2020統括ディレクター/企画ディレクター(現代アート担当))
■参加費:無料
■定 員:100名

■申 込:下記の参加申込フォームよりお申込みください。
※お申込み頂いた情報は本イベントに関する事前連絡や確認、緊急時の連絡が発生した場合にのみ利用致します。


■登壇者プロフィール
photo_amano.jpg天野 太郎 Amano Taro
横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員、多摩美術大学など大学非常勤講師。北海道立近代美術館を経て、1989年から横浜美術館を中心に国内外での数々の展覧会企画に携わる。横浜トリエンナーレ・キュレーター(2005, 2011※ 2014※ / ※はキュレトリアル・ヘッド)を務めたほか、『ルイーズ・ブルジョワ』展(1997)、『奈良美智IDON'T MIND, IF YOU FORGET ME.』展(2001)、『現代の写真I, II, III』(1996, 2000, 2004)、「石川竜一」展(2016)、「新井卓」展(2017)など多数。


◎主催:横浜トリエンナーレサポーター事務局、横浜トリエンナーレ組織委員会


▶︎▶︎会場アクセス
YCC ヨコハマ創造都市センター
横浜市中区本町6-50-1
みなとみらい線「馬車道駅」1b出口直結
JR・市営地下鉄「桜木町駅」徒歩5分
JR・市営地下鉄「関内駅」徒歩7分
※駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用ください。



▶︎▶︎サポーターズサロン運営サポーターを募集します!
□日 時:2019年2月27日(水)、3月13日(水)いずれも18:00〜21:00
 ※どちらか1日のみでもOK
□場 所:YCC ヨコハマ創造都市センター(横浜市中区本町6-50-1)
□内 容:会場設営・撤収、受付、誘導、記録撮影補助ほか
□募集人数:各日2〜3名程度
□備 考:講演中は一般来場者と同じようにトークをお聴きいただけます。
□運営サポート申込【締切:2/27の回→2019年2月17日(日)/3/13の回→2019年3月3日(日)】
 本ページ下部の参加申込フォームより、イベントと合わせてお申込みください。
 ※応募者多数の場合、募集を早めに締め切らせていただく場合があります。
 ※お申込み頂いた情報は本イベントに関する事前連絡や確認、緊急時の連絡が発生した場合にのみ利用致します。
 ※運営サポートにご参加でサポーターに未登録の方は、サポーター登録フォームより事前のご登録をお願いします。



▶▶横浜トリエンナーレサポーター募集中
横浜トリエンナーレを応援し、一緒に盛り上げる活動を行うハマトリーツ!(横浜トリエンナーレサポーター)のメンバーを募集しています!サポーター登録をすると、サポーター活動以外にもヨコトリ関連情報や近隣文化施設からの協力配信、サポーター限定のイベント案内やお得な割引情報がメールニュースで届きます!!
サポーター登録の手続きはこちら



サポーターズサロン・エクストラ「行けばわかるさ、芸術祭。」参加申込フォーム
(30文字以内)

例)山田 太郎 ※姓と名の間に全角で一マス空けてください。

(30文字以内)

例)やまだ たろう ※姓と名の間に全角で一マス空けてください。

※携帯メールのドメイン指定設定をされている方は「@yokotorisup.com」の受信設定をお願いします。

入力例:03-1234-5678

サポーター登録の有無必須

参加希望日程必須

ご希望の日程を選択してください。(複数回答可)

イベント運営サポート希望(任意)

ご希望の日程を選択してください。(複数回答可)

(150文字以内)