【8/18、8/29、9/26開催】サポーターズサロン「本当は怖い現代アート」3回シリーズ参加者募集

IMG_4445.jpg

現代アートに関するトークやサポーター活動に役立つ内容をお届けする「サポーターズサロン」、今度のシリーズは「本当は怖い現代アート」!
横浜美術館学芸員の木村絵理子氏をゲストに、世界各地で開催され、年々その数を増やしている国際展とその背景について、最新事例をもとにお話を伺います。

■タイトル・日時:
 【終了しました】vol.1「ヨーロッパの憂鬱「僕らは一人じゃない?」 ―ドイツとイギリスの場合」
 2018年8月18日(土)19:00〜20:30

 【終了しました】vol.2「ビエンナーレ大感染時代 ―アジアのパンデミックと抗体を持つアメリカ」
 2018年8月29日(水)19:00〜20:30

 vol.3「韓国秋の陣!行くか行かぬか?ソウル、光州、釜山、大邱、ビエンナーレ速報」
 2018年9月26日(水)19:00〜20:30

■場 所:黄金スタジオ(神奈川県横浜市中区黄金町2-7)
■アクセス:京浜急行電鉄黄金町駅より徒歩5分(アクセスルートはこちら)
■講 師:木村 絵理子氏(横浜美術館主任学芸員)
■参加費:無料
■定 員:30名程度
※当日参加OK。
※受付は各日18:45〜となります。
※サポーター登録がない方もご参加いただけます。

◯講師プロフィール
kimura_(c)427FOTO_150px.jpg ©427FOTO
木村絵理子(きむら・えりこ)
横浜美術館・主任学芸員/ヨコハマトリエンナーレ2017キュレーター
現代美術の展覧会を中心に企画。2005年および2014年のヨコハマトリエンナーレを担当し、現在2020年展を準備中。現在アーツ前橋で開催中の「横浜美術館コレクション展 昭和の肖像―写真でたどる『昭和』の人と歴史」を企画。
横浜美術館での主な展覧会企画に、「BODY/PLAY/POLITICS」展(2016、横浜美術館)、「Welcome to the Jungle 熱々!東南アジアの現代美術」展(2013年、シンガポール美術館との共同企画、熊本市現代美術館へ巡回)、「奈良美智:君や僕にちょっと似ている」展(2012-13年、青森県立美術館/熊本市現代美術館へ巡回)、「高嶺格:とおくてよくみえない」展(2011年、広島市現代美術館/IKON Gallery、バーミンガム/鹿児島県霧島アートの森へ巡回)、「束芋:断面の世代」展(2009-10年、国立国際美術館へ巡回)「金氏徹平:溶け出す都市、空白の森」展(2009年)。グループ展「GOTH -ゴス-」(2007-08年)など。


■申 込:下記の参加申込フォームよりお申込み下さい。
※お申込み頂いた情報は本イベントに関する事前連絡や確認、緊急時の連絡が発生した場合にのみ利用致します。

サポーターズサロン 「本当は怖い現代アート」参加申込フォーム
(30文字以内)

例)山田 太郎 ※姓と名の間に全角で一マス空けてください。

(30文字以内)

例)やまだ たろう ※姓と名の間に全角で一マス空けてください。

※携帯メールのドメイン指定設定をされている方は「@yokotorisup.com」の受信設定をお願いします。

入力例:03-1234-5678

サポーター登録の有無必須

参加希望日程必須

(150文字以内)