【台風の影響により開催中止】サポーターズサロンVol.5 「新市庁舎、水辺に建つ」〜新横浜市庁舎にまつわる横浜のまちづくり〜 フィールドワーク編 
2017年10月03日

お知らせ

  • 10月22日(日)に予定しておりましたフィールドワークは、台風21号に伴う天候不良が予想されるため、参加者の安全を考慮して開催を止む無く中止とさせて頂く事になりましたのでお知らせいたします。 お申込みいただいた皆様には、ご迷惑をお掛けします事、並びに開催直前でのご案内となってしまいました事をお詫び申し上げます。

  • 同フィールドワークは日程を変更して実施予定です。日時が確定しましたら、改めてお知らせいたします。
  • 22016260_1497366987010655_2009725801_n.jpgのサムネイル画像

    サポーターズサロン「ヨコトリしゅみせん!〜世界は〇〇でできている〜」では、「ヨコトリを支えるもの」を共通テーマに、普段は表に出ることのない「横浜トリエンナーレ」を支える様々な事象に焦点を当て、参加者の横浜トリエンナーレへの理解を深め、より親しみを持ってもらう事を目的として、各回様々な分野のゲスト招き、参加者の顔が見える距離の中でお話を伺います。
    ★本イベントの参加にサポーター登録は不要です。どなたでもご参加いただけます。

    Vol.5「新市庁舎、水辺に建つ」〜新横浜市庁舎にまつわる横浜のまちづくり〜
    フィールドワーク編

    9月24日に開催した「座学編」では、横浜市庁舎移転に際し変化する横浜と創造都市政策の取り組み、そのリーディングプロジェクトである横浜トリエンナーレを考える入り口をご紹介頂きました。
    今回のフィールドワーク編では、現庁舎から新庁舎予定地までを実際に歩きながら、この地域の移りかわりや市政の関わりを伺います。
    フィールドワークを通じて、まちづくりやこの地域で開催されてきた横浜トリエンナーレへの関わり方を考えていきます。

    ■日時:2017年10月22日(日) 13:00〜16:00(受付 12:30〜)
    ■コース:横浜市役所現庁舎〜新庁舎予定地
    ■集合場所:JR関内駅南口
    ■解散場所:新庁舎予定地周辺(馬車道駅・桜木町駅より徒歩10分程度)
    ■参加費:無料
    ■定員:先着20名(要事前申込)
    ■登壇者:ゲスト:桂 有生(横浜市都市整備局都市デザイン室)
         ファシリテーター:上野 正也(神奈川大学工学部建築学科特別助教)
    ■備考:小雨決行(中止の場合は、11:00までにHP・SNS等でご案内します)




    企画タイトル:「ヨコトリしゅみせん!〜世界は〇〇でできている〜」
    企画:ハマトリーツ!(横浜トリエンナーレサポーター)「活動支援」グループ
    主催:横浜トリエンナーレサポーター事務局、横浜トリエンナーレ組織委員会


    参加申込

  • 参加申し込みフォームよりお申し込みください。