トリエンナーレ学校2012冬季「実践編」がはじまります! 
2012年12月13日

トリエンナーレ学校2012冬季開講!

トリエンナーレ学校 実践編「横浜を知ろう、まちを歩いてみよう」
〜まちを航海するワークショップ「LOGBOOK 横浜」〜

2014年の横浜トリエンナーレ開催時には、国内外から多くの方が横浜を訪れます。まちの来訪者に横浜の魅力を伝え、まち歩きを楽しんでもらうために、トリエンナーレサポーターとして、まず横浜を知り、その魅力を発見し、体験するワークショップを開催します!
いつもと違う視点でまちを歩いて、あなただけの地図『logbook;航海日誌』を創作しましょう。あなたの『logbook』は以後、まちへの来訪者をフシギな航海へ誘うでしょう。時間と空間とが交差するまちへ、さあ出航です!。
※LOGBOOKプロジェクト:市原幹也(演出家)が、野村政之(ドラマトゥルク /制作者)と共同で開発した演劇プロジェクト


■LOGBOOKプロジェクト1 〜イントロ編〜
"LOGBOOK"とは一体どんなもの?

北九州市八幡東区枝光の商店街にある、空き店舗を拠点とした劇場「枝光本町商店街アイアンシアター」の芸術監督を務める市原幹也氏をゲストにお招きし、劇場での活動やまち歩きを演劇に取り入れたプロジェクト"LOGBOOK"についてお話を伺います。
日程:2013年1月23日(水)
時間:19:00〜21:00
会場:ヨコハマ創造都市センター 3Fスペース
参加費:無料


■LOGBOOKプロジェクト2 〜ワークショップ編〜
"LOGBOOK"はどうやってつくるの?

講師の"LOGBOOK"をガイドに、チームに分かれて横浜のまちを歩いてみます。いつもと違う視点でまちを歩き、自分の発見したまちの魅力からオリジナル「logbook;航海日誌」作りに挑戦します!
※「logbook;航海日誌」の完成は3月の「③成果発表編」までの宿題となります。
日程:2013年2月24日(日)
時間:14:00〜17:00
会場:高架下スタジオSite-D
参加費:無料


■LOGBOOKプロジェクト3 〜成果発表編〜
"LOGBOOK"でどんな体験ができるの?

2月と同じ会場に集合し、今度は他の参加者が作った「logbook;航海日誌」を持ってまち歩きを実施。その後自分とは異なった視点で作られた同じまちの"LOGBOOK"体験の感想を発表し合います。
※「②ワークショップ編」に参加していない方もご参加可能です。
日程:2013年3月23日(土)
時間:14:00-17:00
会場:高架下スタジオSite-D 
参加費:無料

▶▶講師
市原幹也

演出家。劇団のこされ劇場≡主宰。枝光本町商店街アイアンシアター芸術監督。福岡県北九州市の商店街空きテナントを劇場へと変貌させ、演劇活動を展開。まちの営みから着想を得て、上演と日常との共時性を重視する作品が特色。近年は鳥取「鳥の演劇祭4」や、韓国「GUMI アジア演劇祭」等、国際的な演劇祭に出品。一方、ワークショップを通じて、小学生や高齢者と創る作品も多数。

▶▶「トリエンナーレ学校vol.6」について
レクチャー形式の「トリエンナーレ学校vol.6」は2013年に開催予定です。詳細については、確定次第、横浜トリエンナーレサポーター事務局のホームページ等でお知らせいたします。

▶▶会場
■ヨコハマ創造都市センター 3F (横浜市中区本町6-50-1)
みなとみらい線「馬車道駅」1b出口、JR・市営地下鉄「桜木町駅」徒歩5分、JR・市営地下鉄「関内駅」徒歩7分
※駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用下さい。
地図はこちら

■高架下スタジオSite-D(横浜市中区黄金町1-2番地先)
京浜急行線「日ノ出町駅」または「黄金町駅」より徒歩5分
※駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用下さい。
地図はこちら

▶▶横浜トリエンナーレサポーター募集中!
横浜トリエンナーレを応援し、一緒に盛り上げる活動を行う「横浜トリエンナーレサポーター」を募集しています! サポーター登録の手続きはこちらで

▶▶申込み方法
E-mailまたはFAXにて、件名に「トリエンナーレ学校参加希望」、
本文に「1)氏名、2)参加希望日 3)電話番号、4)サポーター登録有無」をご記入の上、下記までお申込みください。
E-mail:info@yokotorisup.com  
FAX:045-325-7222