トリエンナーレ学校2012秋期はじまります! 
2012年08月28日

トリエンナーレ学校2012秋期開講!
アジアにおける現代美術の今を知ろう!

「トリエンナーレ学校」は、「横浜トリエンナーレ」を応援し盛り上げるため、さまざまな知識や経験を楽しみながら身につけることを目的とした学校です。秋期のトリエンナーレ学校では、昨今、国際展やアートフェスが盛んに開催される"アジア"に目を向け、中でも近隣諸国の美術の状況と今秋開催の韓国の国際展を紹介します。これらの講座内容を通じて、2014年に開催される「横浜トリエンナーレ2014(仮称)」に向けて、横浜トリエンナーレサポーターの活動の方向性を探っていきます。皆様のご参加お待ちしております。

 
■トリエンナーレ学校 vol.3 
アジアの近現代芸術を学ぼう!

「アジアの美術はどのように発展してきたの?」
アジアの近現代美術は、それぞれの国や地域での独自の発展をしてきました。
国内で唯一、アジア美術を専門に紹介している福岡アジア美術館で2002年まで学芸課長として勤務し、
アジアの近現代美術研究の第一人者として調査研究に携わっている後小路雅弘氏をゲストに招き、東南アジアを中心とした近現代美術の多彩な展開について学びます。

【日時】9月26日(水)19:00〜21:00

【講師】
後小路雅弘(九州大学大学院人文科学研究院教授)

【参加費】無料


トリエンナーレ学校 vol.4 
韓国の国際展を知ろう!

「隣の国で開催されている国際展はどのようなもの?」
韓国では、今年の9月に「光州ビエンナーレ」「メディア・シティ・ソウル」、「釜山ビエンナーレ」と3つの国際展が順番に開幕します。6名の共同アーティスティック・ディレクターの一人として、光州ビエンナーレ2012に携わる森美術館のチーフ・キュレーター片岡真実氏をゲストに迎え、光州の現場から見えてくる韓国ビエンナーレ事情をご紹介いただきます。

【日時】10月24日(水)19:00〜21:00

【講師】
片岡真実(森美術館チーフ・キュレーター/光州ビエンナーレ共同アーティスティック・ディレクター)

【参加費】無料


トリエンナーレ学校 vol.5 
2014年のトリエンナーレに向けて動きだそう!

今年最後のトリエンナーレ学校では、横浜トリエンナーレ組織委員会事務局より「横浜トリエンナーレ2014(仮称)」の展望と事業概要について、現状報告を行います。今後のサポーター活動の方向性を探り、2014年開催に向けていよいよ準備を始めます。
講座終了後は交流会を開催しますので、奮ってご参加ください。

【日時】12月5日(水)19:00〜21:00

【参加費】無料(交流会に参加の方は500円)

▶▶年間スケジュールについて
トリエンナーレ学校では、2014年に開催予定の「横浜トリエンナーレ2014(仮称)」を一つの目標地点とし、アートに関する基礎を学ぶことから、さまざまな視点で実践的な活動を行うプログラムを実施します。トリエンナーレ学校は、毎月1回開催予定です。


▶▶会場
ヨコハマ創造都市センター 3Fスペース
みなとみらい線「馬車道駅」1b出口、JR・市営地下鉄「桜木町駅」徒歩5分、JR・市営地下鉄「関内駅」徒歩7分
※駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用下さい。

地図はこちら


▶▶横浜トリエンナーレサポーター募集中!
横浜トリエンナーレを応援し、一緒に盛り上げる活動を行う「横浜トリエンナーレサポーター」を募集しています!
サポーター登録の手続きはこちらで


▶▶インターン募集中!
横浜トリエンナーレサポーター事務局 インターン募集!
横浜トリエンナーレサポーター事務局では、トリエンナーレ学校などの準備・運営・記録を継続的に行ってくださる方を募集します!簡単な審査のうえ選考させていただきますので、ご興味のある方は下記までご連絡下さい。


▶▶申込み方法
E-mailまたはFAXにて、件名に「トリエンナーレ学校参加希望」、
本文に「1)氏名、2)参加希望日 3)電話番号、4)サポーター登録有無」をご記入の上、下記までお申込みください。
E-mail:info@yokotorisup.com  
FAX:045-325-7222


yokohamatoriennaleschool2012_0816.pdf